国立駅から徒歩2分にある健体手技療法、自律神経免疫治療、整体とはり・灸の「ゆったり健体院 みやけ」

コラム/院長の紹介

自分でできる治療

肩こり改善ストレッチ

2012年10月5日

肩こりをなめちゃダメ!

「肩こり」とひと言でいっても、その原因はさまざま。疲労による筋肉痛や筋肉内の血液循環の低下、神経系の働き、精神的ストレスや、内科的疾患、眼科、耳鼻科的疾患などによって、引き起こされます。

「肩こり」が慢性化すると、首や背中の痛み、腰痛、頭痛、目まいといった身体症状や、イライラ感(不定憂鬱)や心の病へと進んでしまうことも。
大切なのは毎日の生活の中で、"病気にならない身体"を作り、それを保ち続けることです。
ここでは、家事の合間でも手軽にできる「肩こり予防・解消法」を紹介します。

4点立位

4点立位

  1. 壁か柱に背中をあててあごを引き、直立の姿勢をとる。
  2. 息を吐きながらかかと、尻、肩、後頭部の4点を壁(柱)に密着させる。つらい場合はできる範囲でOK。無理はしないこと。
  3. 自分の体力に合わせて、ゆっくり呼吸をしながらその姿勢を約1~3分間保つ。これを少なくとも毎朝・夕の2回行う。
  • Point!
    きれいで正しい姿勢を作ります。猫背などの矯正にも有効です。回数・頻度に制限はありません。いつでも行ってください。

手足の爪もみ

手足の爪もみ

  1. 爪の両側のポイントを、親指と人差し指の爪先で挟む。
  2. 痛いと感じる程度の強めの力でグーッと2~3秒間押し続けたら、指をゆっくりと放す。これを数回繰り返す。あるいは押し続ける。
  3. 両手・足の指ごとに約20秒間ずつ行う。1日に何度行ってもよい。
  • Point!
    手足の爪の付け根には毛細血管と神経が集中しており、ここを刺激することで、自律神経(交換神経と副交感神経)のバランスを良好にでき、健康な体を目指すことができます。

首・腰枕のストレッチ

首・腰枕のストレッチ

  1. バスタオルを2枚用意して直系6~7cmの棒状になるように巻いて「枕」を2つ作る。
  2. 仰向けに真っ直ぐ寝た状態で、首の後ろの凹部と腰(お尻の少し上)の凹部分に「枕」を当てる。
  3. その姿勢を約3~5分間保つ。これを毎朝・就寝前の2回行う。1回に5分以上は行わない。
  • Point!
    大きな生活負荷がかかって変形しやすい首と腰の骨の並びを矯正して身体への負担を減らし、身体バランスを整えることで、病気になりにくい身体を育みます。

肩がこってしまった場合のお手軽解消法

肩甲骨肘回し

両手を軽く握り、両脇より腰よりやや上部に当てます。そして、両肘の先で円を描くようにゆっくり回します。前から後へ、後から前へと同様に回してください。肩こり解消には肩関節と、それに繋がる肩甲骨をしっかり動かすことが重要です。肘の動きに連動して肩甲骨が効率良く動きます。

※首と肩は一心同体です。「4方向首回し」で首を前後左右にゆっくりゆっくり回すことも忘れないでください。

尺取り虫運動

尺取り虫運動肩こりだけでなく、四十、五十肩にも有効な肩関節のストレッチ法です。壁に向かって立ち、腕を上へ伸ばしたら、イラストのように親指と人差し指を広げます。

そうして、「尺取り虫」のように親指を人差し指に近づけていって、指同士がくっついたら、さらに人差し指を上に伸ばすというように、限界まで繰り返すと、自然と肩関節と体側がストレッチされて柔軟性が高まります。

一覧を見る

ページトップへ